【生命保険】損してない?あなたの保険は大丈夫?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE@こちらから、新着投稿のお知らせいたします(‘◇’)ゞ

若者向け雑記


一家の大黒柱

私は生命保険には入っているから
大丈夫!安心だ!

こんにちは!ブロガーで【20代から読むBLOG】運営のサイトウ( @TSAITO70795634 )です!

生命保険には入っているから大丈夫」?って

なにがどう、大丈夫なのでしょうか??

・もう加入しているから新しく加入する気はない。という意味の「大丈夫」なのでしょうか?

・いま加入している保険は最新のもので、万全の保障内容だから、「大丈夫」なのでしょうか?


後者なら良いのですが
前者の意見なら不安ですね…


今回はとくに【死亡保険】にフォーカスしてお話します!
簡単に言うと、場合によっては、あなたの保険料を500万円ほど安くできるかもしれませんから、
読むのはそんなに時間かかりません。
念のため読んでみてくださいね(^^)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【生命保険】最初に考えること【加入orNot加入】

まず最初に根本的かつシンプルな考え方として

生命保険はなんのためにあるのか?

ということで

これもう答えからいうと

「生きてく中で、何か自分の身に起こった時に、金銭的な保障をしてくれる」これが生命保険です。


…つまりですよ?これは私の持論ですが

なにか自分の身に予期せぬことが起こったとしても

【私、大金持ちなんで(または不労所得たっぷりあるんで)、金銭的に困るとは、全くあり得ません( `ー´)ノどやっ】



みたいな方は、生命保険は、加入するだけ損です!!



…って。思ってます!だってそうですよ、生命保険に入っても病気になるときはなるし、死ぬときは死ぬのですから。。。しかも、なーーーーんにも起こらなければ、たとえば経済的に余裕があって、養老保険タイプ、すなわち満期があって、期間中に死亡しなければお祝い金がもらえるタイプに加入していたとしても、そのお祝い金よりは、普通に投資したほうがより良い資産運用になりますからね、、無駄とおもいます、はい。



ですので「我こそは上記にあるようなお金持ちや!!」というかた、もうこの先は読まなくて結構です。



「う、うちはまぁ…普通ぐらいの生活水準だし?…自分になにかあったら、残された家族は、すくなくとも経済的に大変な思いをするなぁ・・・」


そう思われる方は、もう少し続きを読んでほしいのです!



ちなみに!

「私は女だから、一家の大黒柱じゃないから関係ないかな…(‘_’)」




そう思ってこのブログを閉じようとしたそこの貴女!

生命保険(=死亡保険)は、貴女のためにあるのではなく、残された遺族(結婚されれてましたら旦那様、お子様)の、今後の生活のために用意するものですが、



一般的に、遺族年金関係など「国から受給できるお金関係」は

①夫が先立ち、妻と子が残される

パターンと

②妻が先立ち、夫と子が残される

パターンとでは



状況が逆なだけで、【これから一人で子供を育てていかなければならない】という条件は同じなのに

支給される額は

①>②

なのですよ!!!…つまり、生命保険なんかで少しでもお金を残す形を取ってあげないと、お子様や旦那様はきついですからね!そこは考えてあげましょうね。。。




余談でした、次に参ります!

【生命保険】と一口に言っても、いろいろパターンがある

ご自分の保険のパターン、完全に把握してますか?

はい、

生命保険とは一口に申しましても、種類やパターンがたくさんあります。



そもそも、がん保険とか、病院に入院したもらえるお金とか、みなさんがざっくりとイメージする【生命保険】とは、多岐にわたっているように見えているかとは思いますが。


実際にそういった細かい類のものは【特約】としてあと付けしたものが多く、分類としても本来は【医療保険】というカテゴリーになりまして、



【生命保険】の本来の意味合いとしては「死亡保険」のことを指します。




そして、この私、齊藤もまだまだ勉強中の身でありますし

本格的な細かい内容を説明するブログだとは、私も、読者様も思っていないはずです。



したがって、ここではいわゆる生命保険、すなわち【死亡保険】について、

①月々の支払額と合計払い込み金額

②支払われる死亡保険金額



この二点から比較して、3パターン紹介しますので


☆未だ保険未加入の方⇒どのパターンがいいか考えながら読んでみてください(*´з`)

★すでに保険加入済みの方⇒ご自分のタイプと比べてみてください(*´з`)

なお、今回はさらにわかりやすく比較するため

保険料の安い定期保険(つまりかけすてタイプ)で計算

現在あなたは30歳で、60歳までの間に、①月々支払う保険料と合計金額

②支払われる死亡保険金額

これを紹介いたしますー!!





それではレッツスタート♪

パターンA

「死亡保険金は30~60歳までいつ亡くなっても一律5700万。

月々の支払金額は10年ごとに段階的に上がっていくパターン。」


30代の10年間⇒月々¥11,000

+40代の10年間⇒月々¥19,000

+50代の10年間⇒¥29,000

①¥11,000×120+¥19,000×120+¥29,000×120

=¥7,080,000【60歳までの総払い込み保険料】

パターンAまとめ

「30歳から60歳までの間のいつ、死んでしまっても、一律で5700万貰える!段階的に保険料は上がってしまうが、若いときの負担が少なくなるように設定されている。※40歳の時、50歳の時の更新の際に、健康診断的なものがあって、そこで引っかかると保険の更新ができなくなってしまうので、その点には注意が必要。」

パターンB

「死亡保険金は30歳から60歳までの間、いつ亡くなっても一律5700万」

「月々の保険料は30から60歳まで一律、月々17500円。更新もなし。」

¥17,500×360ヶ月

=¥63,000,000【 60歳までの総払い込み保険料 】

パターンBまとめ

「保険料がずっと一定で、保険金もずっと一定、更新もないから安定」

パターンC

「死亡保険金は7200万から始まって、毎年240万ずつ減っていく」

「月々の保険料は30から60歳まで、一律で月々6000円。更新なし」

例えば35歳で亡くなった場合の死亡保険金⇒6000万

例えば45歳で亡くなった場合の死亡保険金⇒3600万

¥6,000×360ヶ月

=¥2,160,000【60歳までの総払い込み保険料 】

パターンCまとめ

「若くして亡くなると、その後の遺族の負担が多くなるので、高い保険金が出る。ある程度、年を取ってから亡くなる場合は、子供も大きくなってきているであろうし、その年まで働いたことで貯蓄もあるだろうから、段階的に保険金は減少していく仕組み。保険料は圧倒的に安く済む。」

さて、あなたならパターンA・B・Cのどれがいいですか?

…実を言いますと、この料金の比較、私が先輩FPの方から実際にされたプレゼン内容なんです。



私は、そんなに保険にお金をかけたくなかったので、パターンCがいいなとおもいました。



みなさんはどうですかね?


正解はないんです。

ただ、死亡保険だけでも、これだけ金額が変わってきます。。特に総払い込み金額!パターンCなら200万ちょっと、すなわち、



裏を返せば、もし健康なまま死なずに61歳になった時、パターンAの保険加入者と、パターンCの保険加入者とで、総払い込み金額、500万ぐらい変わってくるんですよ!!!500万あったら、もっとなにか、楽しいことができたり、資産運用して増やしたり、できましたよね?ちなみにそのプレゼンを受けたとき、私が加入していた生命保険は、パターンAのタイプでした。。。




実際に60歳になるまでに「なんらかの理由(病気でも事故でも)」で亡くなる人の割合はわずか3%です!
実際に死んでしまうかわからないものに、あまりにお金をかけすぎるのも、考えモノですよね…?

まとめ

さあどうだったでしょうか。

ここまで書いてきて、私が若者世代に伝えたいのはこれです

「損してない?自分の契約してる生命保険は、どんなのかわかってますか?」

ってことです!


生命保険って、賛否両論で。

そんなものに入るなら自分で貯金したほうがいい、とか。

そんな簡単に人は死なないとか。

まぁ色々と議論が飛び交っております。ただ


一つの考え方としては、

生活的にそんなに余裕ない人で、なにか万が一のときに備えてと思って、

5000円~1万円ぐらいしか貯金できないとします。

そういう人なら、たぶん保険に加入したほうがいいんじゃないかなぁ…
とは思います。

月1万円貯金してたら10年で120万円貯まるわけですが、、、

正直、今から向こう10年間、がんとかになったら120万じゃ治療費たりないし、、万が一事故かなんかで死んでしまうことがあったとしたら、120万じゃ遺族は生活していけないし(; ・`д・´)

今回この記事では、医療保険や特約のことについては触れておりませんが

例えば、がんになっても十分な保障があって、死亡保険で5000万貰えたりする契約内容の保険でも、月々の掛け金が1万以内でおさまる保険商材だってあるんですよ?

あとは極端な話、

今日5000円支払って、明日なにかあった時、5000万円くれるのは、たぶん保険だけですよ、たぶん、、、

私の場合は、保険を見直す機会がたまたまあったので、気づくことができました。



今では便利な世の中になりまして

実店舗型なら「保険見直し本舗」とか「保険の窓口」とか、一つの窓口で複数の会社の保険商材を、担当FPがついて、あなたにあった保険を提案してくれるそうです。

  • ①保険とかよくわかってなくて加入してない人
  • ②親戚とか友達に頼まれて付き合いで保険に加入してる人
  • ③自分で選んで保険加入していて、内容はあんまり覚えてない人
  • ④今加入してる保険が3,4年経過してる人

4つのうちどれかに該当するかた、

例えば月々の支払いが安くなって、保障がよくなることもあります!

この記事を読んで少しでも気づいたことや、不安になったこと、ありましたら、、、



多分、、、わからないなら、保険のプロに相談したほうが良いと思いますよーって、話でした(*´з`)

いろいろ便利な世の中ですからね( ゚Д゚)




とゆーことで、今回はこの辺で!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます(´;ω;`)

よろしければLINE@フォローお願いいたします(; ・`д・´)

新着投稿のお知らせさせてください

若者向け雑記
さいとうをフォローする
20代から読むBLOG

コメント

  1. […] →損してない?【生命保険】 […]

タイトルとURLをコピーしました