【自己紹介】する時の【コツ】有料セミナーで聞いてきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE@こちらから、新着投稿のお知らせいたします(‘◇’)ゞ

自己紹介のコツ 若者向け雑記

自己紹介って、何を話せばいいんだろうか?




こんにちは!ブロガーで【20代から読むBLOG】運営のサイトウ( @TSAITO70795634 )です!



春ですね~♪
春は出会いの季節!
仕事や学校など、新たにご挨拶する機会も増える時期です。
そんな時に、簡単な自己紹介をする必要がある場合もありますね。

「自己紹介をうまくやって、新年度、良いスタートをきりたい!」

そんな方に読んでいただきたい記事です。

本記事の内容

・自己紹介の目的を知る!
・メラビアンの法則から学ぶ、大事なこと!

この記事の内容は
ネットワークビジネスをやっていたころの
若者専門のトレーナーさんから学んだことを基に書いております!
毎回お金払って有料で受けてたセミナーの内容なんで、少しは有益かもです!!(笑)
サラッと読めますから、是非ともご一読くださいね♪



最後に結論としてまとめますが
自己紹介するときの成功の秘訣は



【自己紹介をしない時間に大事なポイントがあります】




そうすれば、自分の自己紹介はうまくいきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自己紹介の目的を知ろう!

「自己紹介をするときのコツ」の前に、まずは自己紹介目的を知りましょう!

自己紹介に与えられた時間は?

1対1なのか、複数名いる場なのか。
状況によって、多少変わるとは思いますが、自己紹介に使うことができる時間って、どれぐらいでしょうか?

一人3分ぐらいでしょうか?5分?自分のことをすべて知ってもらおうと思ったら、何分必要ですか?10分は必要でしょうか?でも。その場に10人の人がいたら、一人3分話せば全員で30分。一人10分話したら、100分??使いすぎですよね。(笑)飽きます。そんなに長くは聞いてもらえません。

ではこうしますか。
「埼玉県出身のさいとうです、よろしくお願いいたします。」

うーん、とりあえず当たり障りないですよね。
でも、これでいいんでしょうか?当たり障りがないということは、みんなと変わらないってことです。つまり印象に残らないということです。




大体ですが、一人の人が自己紹介に使える時間は、30秒~長くても1分30秒です!

この短い時間で、あなたのことをすべて知ってもらうことはできるでしょうか??
…結論は、「不可能です」
全部を知ってもらうことは絶対に無理です!
では、自己紹介の目的とはいったい何なのだろうか?


それは、
【興味を持ってもらうこと】です。
自己紹介の目的は、「自分に興味を持ってもらうこと」です!
限られた状況の中で行う「最初の自己紹介」その最大の目的は
「この人はどんな人なんだろうか??もう少し知ってみたい」

このように相手に思ってもらえたら、合格点です!!
相手から後々、質問される形で、話しかけてもらえることでしょう。
「さっき自己紹介で〇〇って言ってたじゃないですか?あれってどういうことですか?」

こうなってから、ゆっくり話せばいいのです。
就活、新歓、打ち合わせ、合コン(未経験ですが)、婚活(これも未経験)など
最初に与えられた最小のチャンスをものにすれば、それは最大の優位性につながります!

まずは「相手に全部を知ってもらおう」と、1から説明するのではなく、
興味を持ってもらえる内容を短く話す準備をしましょう。




自己紹介の目的は「興味を持ってもらうこと」
これをまずはおさえておきましょうね!



与えたい印象をキーワードとして設定する!

では短い自己紹介の中で、実際どのようにして「相手に興味を持ってもらうのか」ですが、
まずは、伝えたいキーワードを設定します!

若者ならきっとしっているであろう
Twitterで例を挙げるとわかりやすいと思いますので、そうします!

Twitterのプロフィールを読むのに、45秒もかかりませんよね?
ですが、
Twitterのプロフィールを読むと、
「この人には興味がわくなぁ」
「この人は頭がよさそうだなぁ」
「この人は面白うそうな人だなぁ」
と、思うわけですね。
その人のことなんか全然知りませんが、気になるんですよ。それは、そのプロフィールがうまく書けているからだと思います。

サイトウが気になるキーワードとしては
「ブログ」「収益化目指して頑張っている」「ブロガーに有益な情報配信」「何万PV達成しています」
こんなプロフィールを読んだ時には、それが事実かどうかは知る由もありませんが
「即フォロー」「即ブログチェック」「即リプライ」しちゃいます(笑)気になると、知りたくなるのが人間なんです!


でもこれは、きっと、そのプロフィールを書いた人が、狙ってやっていることだと思います!
例えば

「ブログやってます。いろんなこと書いてます。よかったら読んでください。」

こういうプロフィールだと、ブログを読もうとまでは思わないかもしれません。
実はこの人が「収益化目指してブログをやっていて、かなり実績があって、ブロガーに有益な情報をブログで発信している人」だとしても!このプロフィールでは伝わってこないんで、たぶん見逃しちゃいます!



相手に与えたい印象を考えて、
それを基準に、自己紹介を考えると吉ですよ!



ちなみに、その作成した自己紹介文がしっかりと機能するか、チェックする方法があります。
パートナーを用意して、
「いまから自己紹介するんだけど、【この人は〇〇な人なんだな~】っていう感じで、何個かキーワードを見つけて、教えてほしい!」と、お願いするのです。それで、自分の伝えたいキーワードが相手に伝わっていたら、合格といえるでしょう。その内容に興味を持ってくれる人がいれば、必然的に相手から、話しかけてきてくれます。




メラビアンの法則から学ぶ、自己紹介時のポイント

初対面の人と、お会いする時に、「第一印象」というのがありますね。
アメリカの学者に、アルバート・メラビアンさんという方がいて、この方が人間の「第一印象」について述べた「メラビアンの法則」というものがあります。
実は、自己紹介をするときのポイントとして、大事なことが、
メラビアンの法則のなかにもやはりあるのです。

人が他人の第一印象を決めるときの判断材料として、

  • 見た目…55%
  • 声の大きさや明るさ…38%
  • 会話の内容…7%

このような割合であると言われています。

見た目と声の質で、93%が判断されていて、内容なんてほとんど関係ないという研究結果だそうです。

確かに、
過去にたくさん見てきました…

内容のない、当たり障りのない自己紹介の後でも、
イケメンやイケ女には自然と注目が集まる…


高校の友達が、入学旅行で、上下紫色のスェットを着ていただけで、
学年のマドンナ的存在の女子に話しかけられる…

このケースはもはや、自己紹介してませんが、(笑)

要するに視覚的に目立つだけでも、与える印象は変わります!興味が引けます!
そして、明るく元気に話せば「明るくて元気な人」という印象を与えらます!
ゆっくりと話すだけで「落ち着いた人なんだ」という印象を与えます。
ここでメラビアンの法則から学びたいのは
見た目と話しかたも重要であるということです!


どんなに良い内容の自己紹介を作っても、
読んでもらうだけのTwitterのプロフィールと違い、
実際に人と対面する場合には
見た目と話し方が重要なんです!

自己紹介で与えたい印象となるキーワードをもとに内容を考えたのなら!
その与えたい印象にあった見た目と話し方を、意識するようにしましょう!



自己紹介ポイントまとめ

自己紹介のポイントは、
相手に興味を持ってもらえるかどうかが重要
このように書いてきました。
そしてそのためには、メラビアンの法則なんかも考慮して
見た目と話し方も大事ですよ
こんなお話でした。


が、ここでもう一つ、テクニックがあります。
自分が話す番じゃないに時にやれることがあります!
それは、
「ほかの人が話しているのを、ウンウンうなずきながら聴くことです」


人間というのは、承認欲求というのがあって、要は「周りに認めてもらいたい」という欲求ですが、つまり、自分の話を聴いてくれる人がいると、嬉しいのです。

自分が実際に皆の前で自己紹介をしている時に、ウンウンうなずきながら
話を聴いてくれている人がいると
「あの人はよく自分の話をきいてくれているなぁ!」と
実際に聞いているかは定かではなくても、そのように感じませんか?(笑)

そうすると、その時点でもう、あなたはその人に興味を持っちゃっています。
そして、「その人の自己紹介は何を話すのか?」と、すでに気になっています。

これが、聴くということの力です。

それだけで、相手に興味を持ってもらえます!

自己紹介のコツまとめ

  • 【自己紹介は自分に興味を持ってもらうことが目的】
  • 【キーワードを設定して、伝えるための自己紹介内容を考える】
  • 【あいてに興味を持ってほしいのならば、まずは自分から興味を持つ方がいい。】

これが、私が有料セミナーで学んできたことの一部でした♪
すこしでもだれかに役立つといいです(; ・`д・´)


では、今回はこの辺で!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます(´;ω;`)

よろしければLINE@フォローお願いいたします(; ・`д・´)

新着投稿のお知らせさせてください

若者向け雑記
さいとうをフォローする
20代から読むBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました